【グアム旅行】保安検査を楽に!帰国時に避けたいファッションとは。

Pocket

楽しい旅行が終わって、帰国。
素敵な思い出がたくさんできて、とっても良い気分。
そんな時、出国検査で嫌な思いなんてしたくないものですよね。

今回は
グアム出国時の保安検査で避けたいファッションについてご紹介していきます。
グアム旅行を控えている方にぜひご覧いただきたいです。

にほんブログ村の「マイレージ」部門ランキングに参加しています。
毎日の応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
▲マイラー注目の情報がご覧いただけます。

ドキドキ。保安検査場

空港での帰国手続きをする際、
手荷物などに危険物などが入っていないかをチェックする保安検査を通る必要があります。

荷物は手荷物検査専用のトレー(かご)にいれて検査が行われ、
自分自身は金属探知機のついた門?を歩いて通過することで検査が行われます。

あれいつも、結構ドキドキします。
門についてる警告音が「ビビー」って音が鳴らないかって。
万全の体勢で挑んでるけど、もしかしたら鳴るかもって、、、
心配性のサガです。

グアムを訪れたのは2年前の2015年でした。
人生で初めての海外、出国手続きなど全てにドキドキ。

ビビーって鳴ったらボディチェックとかされちゃうのかな、、、、
悪い事してないのにまさか別室行き、、、?!
テレビで見た事があるやつみたいに尋問とか始まるのかな、、、?!
なんだかすごい恐ろしいことを考えてグアムに行く前からビビってたことが懐かしい、、、

できれば避けたい服装を確認!

グアム出国時に気を付けたい服装についてまとめてみました。

コートやジャケットなどの上着は脱ぎトレーに入れて検査に通します。
これはグアムだけでなく日本でもかな。
成田空港のHPで上着について記載されていました。

>>成田国際空港HPはこちらからご覧いただけます。

▲保安検査で気になることの質問回答なども書かれているので知っておくと安心ですよ。


ベルト

ベルトには金具がついていることが多いので外してトレーに入れて検査に通します。
金具ついてないベルトの場合は近くにいるスタッフさんに質問するのがオススメです。

ズボン

保安検査を受けたとき、デニムパンツの裾をまくりあげていました。(ロールアップ)
数回折り返してまくり上げている部分に何も入っていないか確認できるようにと
裾を下すように言われました。

2メートルくらいありそうな迫力のある男性に言われたのでちょっと怖かった。

裾を下すと、「OK~OK~」と軽やかな対応。
結果的に、何事もなかったので良かったのですが、
保安検査官さんに声を掛けられるのは怖い&避けたい方は
ロールアップしないことがオススメです。

とってもビックリしたのが、靴を脱いで金属探知機の門を通ったこと。
手荷物同様、靴もトレーに乗せて検査に通すのです。

検査待ち時はみんな靴を脱いで並んでいるので不思議な光景でした。
(見慣れていないから)

門を通過し、無事に検査が終了すると靴を履いて大丈夫です。
ただ、次から次に検査終わりの人が続いてくるので
パッパと履ける靴がいいです。



この頃、コンバースのスニーカーを履くことが多いのですが
足が小さいので、これでもかーってくらいきつめに靴ひもを結んでいます。
だから、履くときに足が入らない、、、

結果、靴の着脱に時間がかかる。

それでもコンバースを履きたいので、
手間を惜しんででも毎回靴ひもを結んではほどいてまた結んで、、、

でも、最近この手間が解消したのです!
それは、靴ひもをゴム紐に変えること!
それだけでOK。

100均の靴紐コーナーに、
ゴム紐が売っていたので一か八かで挑戦してみようと購入。
ゴムだからもちろん伸びます。

ぎゅーってきつく結んでても履き口が伸びるので楽々と履くことが出来るようになりました。


▲びょーんって伸びるのですぐに靴が履ける!!

靴の着脱に困っている方にぜひお試しいただきたいテクです。
ちなみに、100均セリアで購入しました。(ゴム紐は19センチだったかな)

まとめ

今回の記事で一番伝えたかったのが、靴のゴム紐のこと。
ゴムの伸び具合で着脱が快適になったので、
「あ、これ、グアム行く人(←限定w)の役に立つんじゃないかな」とまとめてみました。

グアム旅行を予定している方の参考になれば嬉しいです。


▲グアムの朝焼け

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です