<重要>ANA陸マイルを貯める手順☆「ソラチカルート」

Pocket

どのようにしたら陸マイルが貯まるのか。

利用すると効率よくマイルが貯まるサイトや手順をご紹介します。
初めてANA陸マイルを貯める方は、
まずここを理解しておくと頭がごちゃごちゃにならず、おすすめですよ^^


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2017年1月5日、追記
陸マイラーとしてANAマイルを貯めていくには
一番初めに「ソラチカカード」を作りましょう!!!

>>【ソラチカカードの重要性】はこちらの記事からご覧いただけます
まずはここから全てが始まります!!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[ ⓪ソラチカカードの発行 ]
>>【ソラチカカード発行手順】はこちらの記事からご覧いただけます


[ ①ポイント集め ]
ANA陸マイルをたくさん貯めていくには、
地道なポイント集めの作業が必要になってきます。

とは言っても、
できるだけ普段の生活のままでも貯めていけるのが陸マイルの魅力♡
マイルを貯めるチャンスはたくさんあります!

日常に取り入れやすい外食や買い物で支払った分の何%かをポイント還元してもらい
そのポイントを貯めていくことが重要なのです。
それがマイルになるから♡

・家族や友人と外食をすること(一人ランチでも)
・美容院で髪を切ったりカラーすること
・コンビニで飲み物を買うこと
・旅行中、観光先ならではの体験をすること

などなど、1つ以上当てはまる方が多いのではないでしょうか。

このようなことをしてポイントを貯めるには
下記のようなサイトを経由するだけで手軽にできます。

レシポ
ファンくる
PONEY

それぞれの説明は今後ご紹介していきますので
こういうサイトがある事だけ見ておいてくださいね。

[ ②ポイントはまとめる必要がある ]
貯めたポイントは、そのままのサイトからではマイルに移行する事ができないので
いったんまとめます。

・レシポ、ファンくる→PeX
・PONEY→.money



[ ③すべてのポイントをメトロポイントに移行する ]
メトロポイントは「ソラチカカード」と呼ばれるクレジットカードのポイントで、
ANA陸マイルを効率よく大量に貯めることができるのは
この「ソラチカカード」を利用した「ソラチカルート」が存在するおかげなのです♡
今までご紹介してきた様々なポイントは
・ANAマイルへ直接移行するルートのないもの
・せっかく貯めてきたポイントが手数料として大量に減るもの
効率よくたくさんのマイルを貯めることができないのです><

ソラチカルートに乗せることによって
貯めてきたポイントを効率よくマイルへ移行する体制が整います^^

[ ④ANAマイルに移行する ]
ソラチカルートで貯めたポイントをANAマイルに移行する!!
ここで、念願のマイルに到達です♡

<ソラチカルート>

レシポ    PeX
ファンくる → →メトロポイント(ソラチカカード)→ANAマイル
PONEY .money

[ 番外編 ]
ANAマイルには他の貯め方もあります。
ただ、マイルを貯めるためにたくさんのお金がかかったり、
手数料として引かれるポイントが50%(ポイントの半分も)だったり・・・

とにかくマイルを貯めたいのならいいのですが、
極力費用を抑えつつ効率良くマイルを貯めたい方にはおすすめできません><

その代表的な2つをご紹介しておきますね。

①航空券を購入し、飛行機に乗ってマイルを貯める方法
→購入した航空券の金額に対して、獲得できるマイル数が少ないです。
(出張として会社の経費(実質負担なし)で頻繁に飛行機に乗り、
自然にたくさんのマイルが貯まってしまうという方は別です)

②クレジットカード決済分で貯めたポイントをマイルに交換する方法
→楽天ポイントやTポイント、nanacoポイントで貯めたポイントを
ANAマイルに交換することが出来ます。
直接交換できるメリットはありますが、交換レートが悪いので
せっかく貯めたポイントを半分も手数料としてとられてしまうのは勿体無い気もします。
それなら楽天市場など独自のポイントを活かせる使い方がいいかと。。

①②どちらに関してもマイルを貯められることに変わりないのですが
マイルが全然貯まっていない段階ではメインの貯め方として利用するのは
少し勿体ないと思っています。。



[ まとめ ]
ANAマイルを効率よくたくさん貯めていくには
陸マイラーとして、ソラチカルートを利用するのがとても良い♡

それぞれのポイントの貯め方やソラチカルートについては
これからどんどんご紹介していきます!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です