【店頭購入案件】レシート&物を1回で上手く撮るコツ

Pocket

「レシポ!」や「ファンくる」での店頭購入案件で提出用の写真を撮ったけれど、なかなか上手く綺麗に撮れなかったり印字がぼやけてしまったり、、、レシートの再提出が一度も無く、しかも1回で上手く撮影するコツをご紹介します。案件のたび、何度も撮り直している方に是非ご紹介したいです。

店頭購入案件ではレシート&物の写真をアップロードが必要

店頭購入案件では、店頭で商品を購入しその時の「レシート」と「購入物」を撮影してサイトに提出することで謝礼としてポイントを獲得できます。ネットショッピング案件やクレジットカード発行案件などと比べると、初心者でも気軽に実践しやすいのでちょっとしたお小遣い稼ぎとして主婦にも人気があるのです。




レシートの印字がぼやけてしまいがち

レシートの写真だけ提出すればいい時もありますが、レシートと購入物を一緒に撮影する場合もよくあります。その際、購入物が立体的だと横に並べたレシートとの高低差がでてしまい上手く撮れなかったり、レシートの印字がぼやけてしまったりすることがあるのです。すると、せっかく提出していても再提出を求められまた撮り直すということに、、、これは二度手間なので極力避けたいものですよね。

▲これくらい高さが違うとレシートの印字がぼやける原因になってしまいがち、、、

レシート&物を上手く撮るコツ

購入物とレシートの高さが異なるときに役立つのが箱入りのティッシュです。大体5センチ程度はあるので、購入物の高さがもっと高い場合でもティッシュ箱を積み重ねることで簡単に高さ調整が可能。ティッシュ箱ならどのご家庭にもあるようなものなので活用しやすいと思います。


▲ティッシュ箱のおかげで高低差が少なくなりました


実際に提出する写真は上記のように撮影すれば、レシート部分にフォーカスされやすくなるので印字が綺麗に写ります。私はこの方法で一度も再提出することなく案件をこなせているので本当にオススメです。

※ご紹介ではレシート裏向けていますが、本来の提出ではレシートの印字内容がわかるように表向けて撮影を行ってください


最後に

今回はティッシュ箱を使い高低差を少なくすることで綺麗に撮影できる方法をご紹介しました。もちろんティッシュ箱以外でも応用可能なので、ご家庭にあるものを利用して1回でカシャっと撮れる仕組みを作ってみてください。

「レシポ!」でも「ファンくる」でも常に行える案件が揃っているので是非チェックしてみてくださいね。

▼【レシポ!】の基本情報は下記からご確認いただけます


▼【ファンくる】の基本情報は下記からご確認いただけます
未登録の方は新規登録で3000Rポイントが貰えます(無料)




「レシポ!」や「ファンくる」で貯まったポイントは「PeX」に移行することででANAのマイルが貯めていけます。旅行好きの方は是非。
▼【ANA陸マイルの貯め方】は下記からご確認いただけます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です