【自転車保険】格安派ならクレジットカード付帯!検討時の補償項目とは。

Pocket

自転車保険の加入が義務化

兵庫県、大阪府に続いて京都府でも
自転車保険の加入義務化が2018年/平成30年4月1日(日)から始まります。

京都市内・京都府内において自転車を利用するすべての方が義務の対象になるので、
子供でもお年寄りでも関係なく通勤通学等で京都府内に自転車で乗り入れる方も加入が必要になってきます。
※業務で自転車を利用させる事業者やレンタサイクル事業者は2017年/平成29年10月1日から義務化開始

今後多くの都道府県でも自転車保険義務化がすすむと言われているので
義務化対象外の都道府県にお住まいの方にも是非ご覧いただきお役立ていただければと思います。


ここで気になるのは保険に入っていないとどうなってしまうのかという点についてですが、
自転車を保有しているかどうかの実態を把握するのが現実的ではないため今のところ特に罰則規定はないようです。

が、学校/自転車小売等業者/不動産関連業者/駐輪場管理業者の方々は保険加入が義務だということを未加入者に教えてあげる
努力義務が同日(2018年/平成30年4月1日(日))から始まります。
時間をかけてでも、確実に保険加入が広まるように努めていこうということですね。

 



実際、どんな保険に入ったらいいのか

自転車保険ってどこで入れるものなのか、そもそもどんな補償がついていればいいのか。
自転車保険についての定義というか存在自体よくわからない知らない・・・って方が多いのではないかと思います。

京都市の情報がいろいろ掲載されている「京都市情報館」というHPをみてみると下記のような意見と回答を見つけました。

ご意見要旨

自転車保険の加入義務化にあたり,補償内容についてどのような取り扱いになるのか,教えてほしい。また,車の場合の自賠責のように,加害者が無保険であった場合,市が肩代わりしてくれるのか。

回答要旨


自転車保険の加入を義務化するにあたり,必要な補償内容としては,昨今の自転車事故の賠償事例や有識者会議の意見を踏まえ,(1)賠償責任補償限度額(対人)が1億円以上,(2)示談代行サービス付き,(3)賠償補償の対象となる後遺障害の制限なし,(4)何歳でも加入できる保険としています。

▲京都市情報館の一部参照

>>京都市情報館のHPをみる

市のウェブサイト(京都市サイクルサイト)には下記のようにも書かれています。

【義務化される自転車保険とは】

自転車事故により他人にケガをさせた場合に補償する「損害賠償保険」(共済含む)です。
損害賠償保険には,例えば,自動車保険や火災保険の特約,クレジットカードの付帯保険,共済,自転車の点検整備に保険が含まれるTSマークなど
の多種多様な保険があり,自転車事故を補償するいずれの損害賠償保険も対象となります。

▲京都市サイクルサイトの一部参照

>>サイクルサイトKYOTO-CITYのHPをみる

保険検討時の補償項目とは

京都市情報館と京都市サイクルサイトの内容をまとめると
賠償責任補償限度額(対人)が1億円以上・示談代行サービス付き・賠償補償の対象となる後遺障害の制限なし・何歳でも加入できるような個人賠償責任保険等に加入しましょうということになります。


自転車保険としてクレジットカードの付帯保険が使える

新たに自転車保険に加入するには補償内容によって月々数千円かかるものもありますが、
クレジットカードの付帯保険なら月々数百円程度から加入できるものがあります。
ご本人分だけでなくご家族分まとめて損害賠償が補償される保険が付帯できるものも。

自転車保険って今までに必要なかった費用がかかることになるので
最低限の補償は欲しいけどできるだけ安く済ませたい方に適しているのがクレジットカードの付帯保険なのではないでしょうか。

当ブログをご覧いただいているかたは陸マイラーの方も多いと思うので複数のクレジットカードを保有している方もおられると思います。
既に保有しているクレジットカードで必要な補償項目が付帯できるなら手軽でいいですよね。一度ご自身のクレジットカードの保険を確認してみることをお勧めします。
もし該当するクレジットカードがなかったとしても新たなクレジットカードを発行することで自転車保険と陸マイルの両方を叶えることができます。

最後に

自転車保険の義務化により保険どうしょうと思っている方も多いはず。
まさかクレジットカードの付帯保険でも検討できるだなんて、今回初めて知ったので驚きでした。
ご納得できる保険を見つけてみてくださいね。
おすすめの保険を見つけたら当ブログでもご紹介したいと思っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です